多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)と診断された方への鍼灸治療とは!?(3)

笑顔の妊婦さん

自律神経を整える事で、間接的にホルモンバランスを整えていく

鍼灸の最も得意とするのが、自律神経を整える分野です。
整体でも自律神経を整える事に効果が有りますが、鍼は神経のある体の深い部分に対して直接的に刺激する事が出来るので、整体に比べてよりダイレクトな効果を期待できますし、お灸は部分的な熱効果により気の巡りを良くするのに効果的です。

体の気が巡るツボとツボを繋ぐ経絡(気が流れる川の様なもの)は、神経が全身と繋がっている部分と同じところを流れているとされ、その様な事からも鍼灸治療は自律神経に効果的ともいわれています。

そして妊娠に大きく関わるものとして以下のホルモンなどが重要になってきます。

視床下部 ・・・ ゴナドトロピン放出ホルモン(=GnRH)
脳下垂体 ・・・ 卵胞刺激ホルモン(FSH) 、 黄体形成ホルモン(LH)
卵巣 ・・・ 卵胞ホルモン(エストロゲン) 、 黄体ホルモン(プロゲステロン)
女性ホルモン分泌

これらのホルモンを分泌している臓器をコントロールしているのが自律神経になります。
ですので自律神経が乱れていると、必要な時に必要な量のホルモンを分泌出来なかったり、必要でない時に不必要な量のホルモンが分泌されてしまったりします。

PCOSにおいて卵胞がうまく成長して排卵するには、FSHとLHのバランス比が整っていないといけなかったりします。排卵をする為には、ホルモンバランスが整っている事が大切で、そのホルモンバランスをコントロールしている自律神経を整える事がPCOSを改善する事に繋がり、排卵を行える体に変化していく事に繋がって行きます。


PCOSと診断され悩まれている方も多いと思います。ですが、PCOSと診断されても妊娠・出産されている方もいらっしゃいます。悩む事はストレスを抱え込む事にも繋がります。ストレスを抱え込むと体の防御反応として、知らず知らずのうちに体に力が入り筋肉が硬くなって血流が悪くなります。それが冷えに繋がったり、自律神経の乱れへと繋がってしまいます。

今は多くの情報があり後ろ向きになる情報も多いですが、前向きな情報も多く溢れています。1人で悩みを抱え込むのでは無く前向きな情報を多く集めて気持ちを前向きに持っていく事が、自律神経を安定させる事にも繋がり、結果ホルモンバランスを整える事にも繋がります。

PCOSで悩まれている方が1人でも多く、笑顔で明るく幸せなお母さんになる事を願っています。

幸せのもり整体院
院長:飯川 幸弘