腰痛が起こる原因とは?

腰痛で困る女性

腰痛が治らないのは原因が分からないから

当院の患者さんで、腰痛で悩まれている方の9割は骨盤の歪みが原因です。

ただ、この骨盤の歪みというものがくせ者で、歪みといっても僅かなものなので、レントゲンやMRIなどの検査で分からないのです。

なので病院に行っても原因が分からず「筋肉の炎症ですね」「血行が悪くなっていますね」など言われたりしてシップ薬や痛み止め薬が処方されます。シップ薬や痛み止め薬は治療では無く、痛みをごまかしてその瞬間を過ごしやすくしているだけのもです。

仕事やスポーツをしている方で、大事な商談や試合がある時には痛み止め薬も必要だったりしますが、長い目で見たときには、痛みをごまかしながら過ごすより、痛みの根本原因を取り除く事の方が大切になってきます。

人生の中で何日を元気な状態で過ごすか

手術が根本的な改善になるのか!?

当院には20年以上痛みに苦しんでいる方が多く、中にはヘルニアと診断され手術を行い、それでも痛みが止まないので来院してくる方もいらっしゃいます。手術をしても、メスを入れた部分は弱くなるので術後は永遠にリハビリを続けないと痛みが再発する事が多いです。

手術をしても永遠にリハビリを続けないといけないのを考えると、「本当に痛みの原因がヘルニアだったのか!?」と思ったりします。もしかしたら手術前に骨盤の歪みを整える事で、痛みが改善して手術を回避出来たかもしれないと思うこともあります。

人生80年 生きる日にちは29,200日

人生80年の時代、日にちにしたら29,200日です。この29,200日の中で痛みを我慢しながら過ごす日より、痛みが無く快適に過ごせる日が多いのを誰もが望んでいると思います。

今、痛みがありながらも痛み止め薬などでごまかしながら過ごしている方が居れば、痛みから目を背けず、ちゃんと痛みの原因を知ることが大切だと思います。その為には、同じ検査ばかりでなく違う検査をしてくれる所に行くことをお勧めします。

自分の身体を一番大切に出来るのは自分自身です。29200日の中で一日でも多くの日を笑顔で楽しく快適に過ごすために、痛みの原因をしっかり把握して根本から治す治療で、自分の体を痛みから解放して下さい。