体力の低下を感じたら骨盤矯正!?

ランニング・筋トレで体力は上がりません!

あなたの筋力は十分足りている

元々運動をされていた方に多いですが「最近、体力が落ちてきて…」と言われて運動を始める方がいらっしゃいます。

ですが、その様な方がいざ運動を始めてみると逆に疲れやすくなったり、更なる体力低下を感じる事が有ります。

これは仕事で十分体力を使っているのに、仕事以外に運動をする事でオーバーワークになってしまい、体に疲労が溜まり更なる体力低下に繋がってしまっているのです。

『体力』で無く『回復力』を上げる必要性

一般的に「体力を付ける」といったら筋トレやランニングなどの運動をして『筋力を付ける』『心拍数を上げる』といったように思われます。

ですがフルマラソンを毎日走ると疲労がどんどん溜まっていくのと同様に、仕事をした後に運動を行っても体が回復しないうちに運動をしている状態で、どんどん疲労が溜まっていってしまうのです。

皆さんは日々の仕事や家事などでフルマラソンを走った後の様に、体に疲れが溜まっている状態です。

その様な状態で「体力を付けるために」とランニングや筋トレを行っても疲労を溜めるためのものでしかありません。

毎日、仕事や家事など頑張っている中で体力を付けるためには、まず休息が必要なのです。

体力を上げれる身体状態を作る!!

ちゃんと寝れていますか!?

情報が多い現代において健康になる方法と言ったら「有酸素運動」「ファスティング」「酵素」「ヨガ」「瞑想」など色々ありますが、疲れ切って体力が落ちている時に何をやっても効果は半分以下しか望めません。

肉体的にも精神的にも疲労回復するには、何と言っても「睡眠」が大切です。

そんな中、「寝たいのに寝れない」「寝ても夜中に目が覚める」など良質な睡眠を取れない身体状態になっている方もいます。

原因は『歳』では無く、寝れない状態

「寝たいのに眠れない」「寝ても夜中に目が覚める」など、睡眠の大切さを分かっていながら熟睡できない方も多いです。

そんな方々の多くは体に歪みがあり、歪みを支えるために全身に力が入っている状態の方が多いです。

筋肉がずっと硬く緊張状態にあると、寝ている時もずっと体に力が入ったままの状態です。

この様な状態で寝ても睡眠は浅く、寝付け無かったり、寝てもすぐに目が覚めてしまうのです。

その様な回復力が落ちている状態で毎日過ごしていると、どんどん疲労が溜まってしまいどんどん体力も落ちてしまうのです。

骨盤矯正であなたの体は若返る!

歪みがあると本来の状態で過ごせない…

骨格的体の土台は『骨盤』です。骨盤の歪みがあると背骨も歪んでしまい、全身の筋肉は歪みを支えるためにガチガチに硬くなってしまいます。

ガチガチに硬くなった筋肉は、動作に使う酸素の消費効率が悪くて消費量も増大します。ですので歪みがあるまま運動を行うとすぐに息切れしたり、すぐに疲れてしまうのです。

逆に言うと、歪みが無くなればガチガチの筋肉が弛んでしなやかな筋肉の状態で毎日を過ごせます。この様な身体状態であれば、運動しても酸素の消費効率が良いので、息切れせずに長時間運動しても疲れにくい状態になれます。

また寝ている時も筋肉が弛んでリラックス状態で寝れるので、質の良い深い睡眠が取れて、寝れ回復する身体状態になれます。

回復力up > 体力up

『体力が落ちた』と感じる方にとって大切なのは、まず回復力を上げる身体状態にする事です。その為には歪みを改善して、リラックスした身体状態を作る事です。これだけで十分体力の向上を感じる事が出来ます。

ランニングや筋トレなどで体力を更に上げたいときは、「回復力」を上げた後に行う事でより理想の状態にもっていけます。

30代以降の方で「体力の低下」を感じる方は、まず「回復力」の向上に着目してみてください。