産後の抜け毛

- update更新日 : 2021年11月26日
folderホルモンバランス整体鍼灸自律神経

子供を産んでも綺麗なまま

『髪』は『血』の余りで出来ている

出産後に髪の毛が細くなったり、抜け毛が多くなるなど薄毛になる方がいらっしゃいます。これは明らかに出産による影響で髪の毛が薄毛になってしまっているのです。

東洋医学において『髪』は『血』の余りと言われています。体内の『血』が不足すると『髪』の養分が無くなるので、髪が細くなったり、抜けたりしてしまいます。

出産においてお母さんは大量の『血』を放出してしまいます。出産により貧血を起こす人もいるくらいですし、出産はそれほど『血』を失う出来事です。

出産による体の消耗を考えたら、体質が変わり髪が薄くなってしまう事は必然ともいえる一つの現象です。

東洋医学では『肝虚』という体質

『血』を作るのに重要なエネルギーが『肝気(かんき)』(体に宿る5つの気の1つ)というエネルギーです。

出産時には肝気エネルギーを多く消耗します。この『肝気』エネルギーが少ない状態を『肝虚(かんきょ)』体質と言います。

肝虚体質になった事と、出産で大量の『血』を失った事が産後抜け毛の原因なんです。

肝虚体質の改善で「増毛」「太毛」

出産で『肝虚』体質になったといっても、これは体の状態変化です。体質を元に戻し、髪にしっかっり栄養が行く状態に戻せば、髪はまた太くなり増えていきます。

出産という大きな出来事があった事で、体質が変わるのはあって当然です。ですが、出産後の体質がそのままずっと続くかと言うと、それは別の話になります。

ちゃんと体質を改善する方法を取れば、必ず体質は元の良い状態に戻っていきます。

髪が少なくなったり細くなった悩みも、体質を改善すれば悩まなくて済むようになり、出産しても出産前と変わらず綺麗なママで居れるのです。

「美しさ」は「健康」の基

女性が美しくいる事は、健康のためにも重要な事です。美しくいる事で女性ホルモンがしっかり分泌されて、若々しく元気な状態を維持できます。

出産後は育児の忙しさで自分の事を後回しになりがちですが、ママになっても女性ですので「美」を意識する事は大切で、健康の為にもとても重要な事です。

髪が細くなる事や少なくなる事は、見た目の変化であって体質の変化です。

出産しても、健康で綺麗なママで居れるように、食事・運動・睡眠など基本的なところから体質改善に取り組んでみて下さい。

綺麗なママでいる意識が健康に繋がり、その結果「綺麗」と「健康」の両方を得る事が出来ます。

育児に追われて食事・運動・睡眠に気を回せない場合は、鍼灸や整体などでの体質改善方法もあるので、近くの鍼灸院や整体院に相談されてみるのも良いと思います。