胚のグレードと妊娠率

folderホルモンバランス妊活不妊鍼灸自律神経

胚のグレードと妊娠率

不妊で悩んでいる方にとって、妊娠に対するマイナス要素が1つでも有れば気持ち的にも落ちる事だと思います。その中で、体外受精をする方にとって胚グレードも結果次第で気持ちに大きく影響を与える一つです。

胚グレードと妊娠率について、株式会社ninpathがデータを出していますが、このデータをみて私が思うのはグレードが一番良い1Aのグループだけが0の結果で、他のグループでは必ず妊娠に繋がっているのです。

これはデータの総数が少ないので1Aにおいて0という数字になっていると思いますが、私が伝えたい事はグレードが一番低い6Cのグレードでも妊娠している方が居るという事実です。

前向きな気持ちが妊娠体質に変えてくれる

データは加点式で見る

採卵して自分の胚グレードが低いと、確かに気落ちする事もあると思いますが、それでも妊娠率が0というわけでは無いのです。逆に言えば『採卵できた』という前向き要素があり、妊娠において一歩前進した事になります。

私が思うのはデータという事実を把握する事も大切ですが、データを把握した事で気落ちし妊活に前向きに取り組めないのであれば、データを気にする必要は無いと思っています。

鍼灸師である私は機械によるデータ検査では無く、身体を触り体の状態(脈、呼吸、体温など)を基に体質を上げる事を目的とした施術を行っています。体質を妊娠しやすい体質に近づける事において、気持ちの部分が脈、呼吸、体温、血流に大きく関わってきます。

後ろ向きな気持ちがにマイナスに、前向きな気持ちがプラスになるのが体です。気持ちの部分が体に与える影響は大きく、これは数字では計れませんが、妊活においてとても重要な部分です。

赤ちゃんは笑顔のママがすき

マイナスな気持ちになると体は自然と身を守るために力が入りますが、逆に前向きな気持ちでいる自律神経が安定してホルモンバランスが整いやすくなります。幸せホルモンのセロトニンも分泌されるので、リラックス出来て筋肉が弛み血流が良くなる事で、冷え体質の改善にも繋がるのです。

だからこそデータを見る時は、妊娠する可能性(希望)に目を向けて、前向きに取り組んで欲しいのです。可愛い自分の子供授かる為の活動が「妊活」です。元気のない顔をしたママの所に赤ちゃんが来たいでしょうか。赤ちゃんはきっと笑顔で前向きな気持ちのママの所に行きたいと思っています。

赤ちゃんを産んで、笑顔で育児をする練習のためにも妊活の時期から笑顔で前向きに過ごす事をオススメします。